簡単な歯列矯正方法とは

歯科医ではインプラントによる歯科矯正手術があります。インプラントとは抜けた歯に対して行う治療方法なのですが、ほかの抜けた歯の治療方法であるブリッジや入れ歯と比べるとさまざまなメリットがります。
インプラント治療の特徴は、天然の歯と同様の外観と噛み合わせる力があることです。他の治療法であるとインプラントほどの噛み合わせる力はなく、入れ歯などは取り外して洗浄をする手間がかかります。ブリッジは抜けた歯の両隣の歯を削って義歯を詰め込みやすくするためどうしても両側の歯に負担がかかってしまいます。その点インプラントであれば、噛む力も天然の歯と遜色ないですのでこれまで通り何の違和感もなく食事をすることができます。取り外す必要もありませんので、これも天然の歯と同様に歯磨きをしっかりしてプラークコントロールをすることでインプラントも長持ちします。
インプラント治療ですが、他の治療方法と比べるとさまざまなメリットがある半面どうしても治療期間が長くなってしまい、自由診療なので治療費も高額になってしまうのです。なぜ治療期間が長引いてしまうのかというと、インプラントを取り付けるにはあごの骨がしっかりとしていて硬いことが条件です。骨が薄ければ増やす手術をし、歯根を取り付けて定着するまで時間がかかるからです。

おすすめ歯科矯正のページ