歯列矯正と医療費控除

人の第一印象を決める大きなものの一つに、歯並びというものがあります。印象を大きく左右するものであるがゆえ、それがチャームポイントになる人も、コンプレックスとなる人もいると思います。どんな歯並びでも笑顔でいることはとても良いことですが、やはり思い切り笑いたいですよね。歯並びを治すには、歯科医院に行き、数年かけて歯科矯正をすることが最もポピュラーなやり方かと思います。その開始時期によっても違いますが、子供であれば、2年から5年。大人であれば5年以上かかってしまうケースもあります。
また、医療費に関しても大きく異なり、大人の歯並びについては審美的な要素が多いため、保険が適用されません。そのため、それなりに高額な治療費となることが大半です。
しかし、子供の場合は発育に影響が出ることを考慮しての矯正となるので、保険適用され、医療費控除を受けることが可能です。医療費控除とは1年間にかかった医療費を控除できる制度で、確定申告を行えば、税金が戻ってくるシステムとなっています。矯正自体の金額も大人と子供では差があり、子供のうちに行っておけば、とてもお得に綺麗な歯並びを手に入れることができるということです。

おすすめ歯科矯正のページ